中古の注意点

未分類

修理中古コピー機を導入する際にはいくつか注意点があります。まず実はコピー機というのは新品でも中古でも使える年数についてはあまり変わりません。それは保守契約というものがあるからです。こちらはメーカーより部品の供給を受けられる期間のことです。保守契約が続く限りは、たとえ壊れたとしてもすぐに修理してもらうことができます。しかし、保守契約というのはそれが販売終了してから約7年となっています。そのため、古いコピー機の場合には保守契約の期間がほとんど残っていないこともあるため注意しましょう。保守契約の期間が短くなっている中古コピー機は、たとえ安く導入することができたとしても、使える期間が短いためあまり役に立ちません。

中古コピー機はそれぞれ利用頻度が全然違います。ほとんど消耗されていないものから、かなり使われているものまであるのです。そのため、カウンターをチェックすると良いでしょう。たくさん使われてきたものは劣化している可能性が高くて、故障するリスクが大きいのです。そのような中古コピー機は避けましょう。

また、信頼できる業者から購入しましょう。そうすればさまざまなサポートを期待することができて、質の高い中古コピー機を納品してくれるでしょう。